読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SINJI’S ACTION

アニメ系記事が中心

リオ金メダル候補の桃田賢斗、なぜこんなにもギャンブルにはまってしまったのか

雑記・その他

今年のリオデジャネイロオリンピックで、金メダル候補ともいわれた、バトミントンの桃田賢斗選手。

そんな彼は、違法カジノ店で賭博行為を行った罪で、オリンピック出場停止になってしまいました。

【バドミントン】桃田、スポーツの「勝負」とギャンブル勝負をはき違え…“幼稚さ”露呈 : スポーツ報知

きっかけは、同じバトミントン選手である田児賢一選手からの誘い。

桃田選手いわく、田児選手は中学時代からの憧れの選手であり、そんな彼から誘われた以上断れなかったのもあるそうです。

桃田選手は記事によると6回程度で50万程度の負けだそうです。

パチンコ・パチスロで50万負けたとなればかなりの金額ですが、違法カジノだと大した金額ではないようです。

それに対し田児選手は、60回程度行き、総額1000万程度負けたそうです。

二人は、違法カジノはやめたかったと話しています。

やめたかったのに、なぜやめれなかったのか。


やはり、ギャンブルというのは、一度勝つと、その勝った時の興奮が忘れられないんでしょうね。

一度行ったら終わりです。

一回だけ行ってみるか―などと、軽い気持ちでも行ったら終わりです。

ましてや、知り合いに「一生に行こう」などと誘うのはあり得ないです。

そういう面で考えると、桃田選手は被害者でもありますね。

先輩の誘いに乗らなければ問題なかったことではありますけど、やはり誘った田児選手が一番悪いですね。

ギャンブルの依存率を、依存症である彼が知らないわけないんですから。


まあ、田児選手はバトミントン協会から追放されたようですけど…。



リオは出場停止になってしまった桃田選手ですが、きっぱりとギャンブルをやめ、東京オリンピックではぜひ頑張ってほしいです。