読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SINJI’S ACTION

アニメ系記事が中心

2期来てほしいけど難しそうなアニメ7選!

アニメ

面白かったアニメは、やはり続編が見たいですよね。

しかしそのためには、円盤の売り上げや原作のストックなどが重要です。

今回は、二期来てほしいけれど、厳しそうなアニメ7選を紹介したいと思います。



氷菓

「私、気になります!」が、当時アニヲタの間で流行していました。
原作のストックが足りず、さらに発刊ペースもかなり遅いため、二期は厳しそう。

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している

2期を希望する声が聞こえるが、円盤の売り上げが爆死したため可能性は極めて低いです。

涼宮ハルヒの憂鬱

当時社会現象にもなった作品。
制作会社である京都アニメーションに2期を作る気配が感じられません。

らき☆すた

当時、絶大な人気を誇った作品。
涼宮ハルヒの憂鬱と同じく、制作会社である京都アニメーションに2期を作る気配が感じられません。

異能バトルは日常系のなかで


異能が宿った文芸部員たちのコメディ作品。
円盤の売り上げが爆死したため、2期をやる可能性は極めて低いです。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界

下ネタテロ組織「SOX」に入り、下ネタテロを起こすというギャグアニメ。

円盤の売り上げが微妙なのもあるが、アンナ・錦ノ宮役の松来未祐さんが亡くなったため、2期は絶望的。

キルミーベイベー

OPとEDの中毒性がヤバいと話題になった作品。円盤の売り上げは悪かったものの、Blu-rayBOXの売り上げは割とよかった。
が、呉織あぎり役の高部あいさんが覚醒剤使用の罪で逮捕され、現在は復帰しているものの、二期は厳しそう。






やはり、自分が本当に好きな作品は円盤を買って応援するべきだと思います。

買う人が多ければ、2期の可能性も上がるわけですからね。

しかし、円盤の売り上げは充分なのに二期やらない作品はどうしたらいいんでしょうかね。

ハルヒ2期はよ