読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SINJI’S ACTION

アニメ系記事が中心

パチスロをやめたくて、他の事に熱中しようとするも、パチスロの事を考えている時が一番楽しい。

友人に、「パチスロで2万勝った!」と言われたあの日、俺は羨ましいと思ってしまった。

学生であった自分にとって、2万は大金。

そんな大金を、そんな簡単に手に入れてしまった友人。

パチンコ・パチスロという遊戯に憧れを抱いてしまった。

次の日、俺は、その友人が2万勝ったというパチンコ屋に、その友人と一緒に足を運んだ。

そのパチンコ屋は、10スロ・2パチの台が大半を占める店だった。

友人は、「サラリーマン番長」をやったから、俺も友達の隣で、同じ台をやった。

始めると、友人は隣で大当たりを引き、ドル箱を積み上げている。

対して俺は全く当たらず、1万円を使った時点でやめた。

友人はその日、プラス3万円ほど。

「1万円が一瞬で消えるなんて、二度とやらん。」

こう思ってたら、二度と行くことはなかったでしょう。しかし、隣では友人が3万円も勝った。

昨日の2万と合わせ、二日でたったの5万円。

アルバイトなら50時間以上は働かなければ稼げない大金を、友人はたった2日で稼いでしまった。しかも学生が。

その日から、俺はパチスロにのめり込んでしまった。

もちろん、大勝ちできた日もあったし、大負けした日もあった。

最初にはまっていた台は、ジャグラーf:id:shinji92:20160426012638j:plain

「ガコッ」となる時の興奮が最高で、はまってしまった。

家に帰ると、パソコンやスマホで「ガコッ」となる瞬間の動画を見ていたり。四六時中ジャグラーの事を考えていた。

次にはまっていたのは、「魔法少女まどか☆マギカ」。

ネットでも、数年に一度の良台と言われている台。俺もまどマギの虜になってしまった。

それからは、いろいろな台に手を出し、勝ったり負けたりの繰り返し。

勝ちよりも、負ける時のほうが圧倒的に多い。

バイト代はほとんどパチンコ屋に貢いでしまう。

これはやばいと思い、俺はブログを始めた。

どんな記事を書こうか迷っていると、ふとパチンコの事が脳裏によぎる。

そしてyoutubeで、パチンコ動画を漁り、それを見る。

やはり、パチンコの動画を見ているときが一番幸せ。

そして次の日、パチンコ屋に金を貢いでしまう。

これはいかんと思い、ラノベでも書いて一攫千金ワンチャンとか考えてみるも、プロットを考えただけでお腹いっぱい。

そしてパチンコ屋に行き、貢いでしまう。

家でアニメを見ていると、パチンコに行きたくなってしまう。

パソコンをしていると、パチンコに行きたくなってしまう。

バイト中、パチンコ屋に行きたくなってしまう。

やめなきゃ、と思って脱パチ宣言をしても、3日後には行ってしまう。






......ああ、もうだめだ。俺は一生パチンコから抜け出せないのかもしれない。