読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SINJI’S ACTION

アニメ系記事が中心

アンパンマンは実は弱いのではないだろうか?

子供に大人気のアニメ、アンパンマン

子供たちの正義の味方、アンパンマン

そんなアンパンマンは、アニメに出てくる登場人物にも、現実の子供たちからも、強くてカッコイイと評価されています。

しかし、僕は思うのです。

アンパンマンって雑魚くね?w

なぜそのように思うのか、持論を展開しようと思います。


まず、アンパンマンの弱点は顔ですね。顔が汚れる、濡れる、ゆがむ、食べられるなどされると、力が出なくなってしまいます。その大きな弱点を補っているのがジャムおじさんです。ジャムおじさんが、アンパンマンの顔を焼き直し、取り換える事で元気100倍アンパンマンになる事ができるのです。つまり、外部的サポートがなければ勝てないヒーローを、ヒーローとは呼び難いです。


アンパンマンの顔が濡れたりして、顔を取り換えない状況になった時に、それをジャムおじさんに伝える人がいないといけません。アニメでは都合上、必ず誰かしらいますけど、仮にアンパンマンが一人の時にバイキンマンに襲撃されれば、バイキンマンの勝利の可能性は大幅に上昇するのです。
人が滅多に通らない場所で戦闘を行うとなおいいです。


アンパンマンの顔を作っているのはジャムおじさんです。そのジャムおじさんが死ぬ、もしくはパンを焼けない状態になれば、必然的にアンパンマンの顔を焼くことはできなくなるのです。
ジャムおじさんを殺さずに、パンが作れないよう手を使えなくするという選択肢を選ぶ場合、ジャムおじさんが、バタコさんやチーズに、アンパンマンの顔の作り方のノウハウを伝授する可能性があるので、できれば喋る事も出来ない状態にするのが望ましいですね。

また、バタコさんは、アンパンマンやしょくパンマンたちが使う、飛べるマントを作る事が出来るほど最強の裁縫技術を持っています。だから、アンパンマンのマントを引き千切り、バタコさんの手を使えない状態されれば、飛ぶことはできなくなります。


何百回もアンパンマンに勝負を挑んでいるバイキンマンですが、一度も勝利できていないのは、やはり戦術が悪いのです。
人があまり通らないところに、一人でアンパンマンが来た隙に顔を濡らし、後はUFOやロボットなどで体を潰せばバイキンマンの勝利です。
念には念を入れ、ジャムおじさん一家を皆殺しにしておけばなおいいですね。


  • 結論

バイキンマンが本気を出せば、アンパンマンは負ける。


アンパンマンがこの程度のヒーローだったなんて、俺でも勝てるんじゃねえ???
まあ普通に挑んだら、顔を濡らす前にアンパンチでワンパンだから、バイキンマンと協力すればいいな!
何回も倒されているバイキンマン、見てるこっちが可愛そうだから、俺が教えてやればいいよな、アンパンマンを倒す方法をよ!
はっはっは!アニメの中に入りてえぜ!

(・・)シーン

(--)(--)(--) シーーーン

(- -) (- -) (- -) (- -) シーーーン

( 。-x-)-x-)-x-) シーン・・・

( ¨)¨)¨)¨)¨)¨) シーン 


……ここまでアンパンマンが弱い理由を述べてきましたが、一つ、僕は重大な事に気が付いてしまいました。

なんと、アニメアンパンマンというのは、子供向けアニメなのです。

子供が見るアニメで死者が出たり、グロい描写があったら間違いなく悪影響ですし、クレームが半端ないと思います。

そもそも、アンパンマンが最強のヒーローで弱点がなかったら、ただの俺TUEEE作品になってしまうわけです。

ピンチになるシーンを作る事で、子供たちが「アンパンマン頑張れー!」と思うように作られているわけなのです。

ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

  • 再び結論

アンパンマンは神アニメである。



アンパンマン あいうえお教室 キッズタブレットJr.(ジュニア)