読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SINJI’S ACTION

アニメ系記事が中心

青春ブタ野郎シリーズのアニメ化が早く来てほしくてたまらない

ラノベ

どうも、真二です。

先日6月10日、青春ブタ野郎シリーズの新刊、『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』が発売され、その感想記事を立てました。
shinji92.hatenablog.com
できるだけネタバレを避けようとしたせいか、それとも僕の文章力や表現力のなさが原因か(間違いなく後者)、めちゃくちゃ駄文で読みにくい記事ですけど...

シリーズ6巻目、あまりにも神回すぎて、『この話をアニメで見てみたい』という欲求がかなりました。

恐らく、そろそろアニメ化が決定してもおかしくはないのですが、1年前も同じことを思っていました...(笑)

本当にこの作品が面白くて、バイトの休憩中に「もう一度読み返したい」と思ったのに家に本を置いてきたことをめちゃくちゃ後悔するほどで...
f:id:shinji92:20160613004754j:plain

ここで、軽く『青春ブタ野郎シリーズ』について紹介したいと思います。


今作品は、「思春期症候群」という病気を題材にした青春×SF作品。ある日、主人公の梓川咲太が、図書館でバニーガール姿の元国民的女優と遭遇する事から話は始まる。

その元国民的女優である「桜島麻衣」は、咲太の高校の3年生で、咲太の一つ上の先輩でもある。

なぜ彼女が、図書館という公共の場所でバニーガール姿だったのかと言うと、彼女は最近、”周りから自分の姿が見えなくなる”という現象に直面していて、それが本当かどうか確かめるためにやっていた。しかし全員から見えないというわけではなく、咲太を含めて見えている人はいる模様。その現象は、思春期症候群の一つ。
そして咲太、そして咲太の妹の「かえで」も、麻衣の思春期症候群とは症状が別の、思春期症候群を抱えていた。

麻衣は、最初はこの現象を楽しんでいたが、次第に麻衣は、この現象の驚愕の事実を知ることになり、さらに麻衣を”認識できる人”がさらに減って行き、最終的に麻衣は『誰からも認識されなくなる』事を知る。

これは1巻の紹介ですが、この”青春ブタ野郎シリーズ”は、巻ごとに重要なヒロインが変わります。

1巻は今作のメインヒロインである桜島麻衣。

2巻は咲太の後輩である古賀朋絵。

3巻は咲太の友人である、科学少女の双葉理央

...と、4巻以降も変わっていきます。
表紙の女の子=その巻の重要なヒロインとなっています。


個人的に神回なのは1巻・5巻・6巻。その中でも5巻の「青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない」は本当に神回で、シリーズで一番好きです。
もちろん2巻・3巻・4巻も面白いです。そこらへんのテンプレラノベの数十倍は面白いですが、個人的には1巻・5巻・6巻が好き。

まあ、過去に「さくら壮」というヒット作品を生み出した鴨志田一さんの次作というブランドもありますし、いずれはアニメ化来そうですけど、待ちきれないです。

アニメ化したら、きっと売れると思うんですけどね。本当に面白いし、少なくても「テンプレラノベ」と言われることはあり得ないですし。
もちろん、アニメ化したなら僕はBDは全巻揃えますよwどんなにクソでも。
まあさすがにストーリー改変されてる上にクソとかされてたら買わないかもしれないですけど...


ともかく、早くアニメ化決定してほしいです。
今年も8月~10月に『電撃文庫 超感謝祭』が開催されるようなので、そこで発表してくれるといいですね。