読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SINJI’S ACTION

アニメ系記事が中心

クオリディア・コードは、学園系ラブコメにしておけばヒットしたのではないだろうか。

夏アニメ「クオリディア・コード」が無事最終回を迎えたが、かなーり評判悪かった。

視聴者の意見の大半は、「ストーリーはよかったのに」「作画が良ければ面白かった」「脚本もゴミ」と言った負の意見。

僕の感想は、「キャラはよかった」

f:id:shinji92:20160926010437p:plain

キャラは本当によかった。最初クソだった朱雀はカナリアが離脱して以降かなりいいキャラになりった。他人に「無能」と言うだけあって、朱雀自身は本当に有能だったり。

カナリアがめちゃくちゃ可愛かった。おバカキャラもそうだけど、個人的に一番萌えたのは、10話の朱雀がカナリアへ大胆な告白をしたときのシーン。

朱雀「俺はカナリアの為に戦っていたつもりだったのに、なんというピエロだ!」
カナリア「私の為に…」
朱雀「俺はヒーローになりたかった。カナリアのいる世界を救うヒーローに!」
カナリア「わ、私のヒーロー……そっかぁ。いっちゃん、私の事そんなに想ってくれていたんだね」

ここでカナリアが嬉しそうにニヤニヤするところが最高に萌えた。僕までニヤニヤしてしまった。

あと千葉兄もいいキャラしてた。中盤では「主人公って朱雀と霞どっちなの?」って分からなくなるくらい活躍してましたね。最終話まで見たけど結局どっちが主人公なのかはわかりませんが。

明日葉がおにぃにデレるのも可愛かったし、姫とほたるちゃんの百合百合な絡みもよかったです。

キャラはみんなよかった。本当にみんなよかった。なぜバトルアニメにしたのか疑問になるほどに。

もうね、この登場人物で学園系やったほうが良かったと思うんですよ。そもそも俺ガイル、変猫、デアラと、どれも学園系が強めの作品ですし、3人の得意分野だと思うんですよね。3人の中でバトル系書いてるのさがら総だけですよ。

しかもこのゴミみたいな作画。最終話に関しては大事なバトルシーンなのに背景の止め絵が目立つし。3人の脚本が遅れたせいでスケジュールがキツキツになったのかな?

ともかく、このクオリディア・コードの登場人物と全く同じで、学園系をやってほしかった。キャラはみんな立ってるし、個人的に好きだし、女キャラは可愛い。

カナリアや明日葉がデレるシーンをもっと見たかった。

例をあげれるなら、「はがない」みたいな部活系がいいかもしれない。意味不明な部活に、クオリディアの主要登場人物の6人入ってよく分からない活動をする。青生は生徒会長で、たまに注意しに来る、的な。

カナリアと朱雀は両思いで、カナリアの積極的なアプローチに朱雀は嫌がってるふりをしながら嬉しそうにしたり、明日葉は霞にツンツンデレデレしたり!

あと、アニメではあまりなかった朱雀×ほたる、霞×姫とかでデートみたいな事したり。もちろんカナリアが霞にデレたり、姫やほたるが霞や朱雀にデレる必要はないです。

そういう、ヘンテコ部活の日常を描いた、部活系日常ラブコメディなクオリディ・コードだったら、多分Blu-ray買ってたと思う。それくらいキャラはみんな好きだった。


ぶっちゃけ作画が修正されても円盤は買うつもりないけど、グッズは買いたいと思ってる。ホントにカナリアが好きすぎで辛い。僕もあんな彼女がほしい。

ということで、二期は学園系でお願いしますA-1!アンノウン退治後のその後を描いたストーリーは学園ものでお願いします!

...だけど円盤売り上げが間違いなく悪いから2期は絶望的何だろうなあ。ラノベでもいいから発売してくれないかな。

クズと金貨のクオリディア (ダッシュエックス文庫)

クズと金貨のクオリディア (ダッシュエックス文庫)

どうでもいい 世界なんて―クオリディア・コード― (ガガガ文庫)

どうでもいい 世界なんて―クオリディア・コード― (ガガガ文庫)