読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SINJI’S ACTION

アニメ系記事が中心

売れない男向けアニメは、ヒロインに魅力がない

f:id:shinji92:20170110160228p:plain

ここ最近、男向けアニメが売れなくなって来ていると話題になっている。

実際、2016年の男向け作品の円盤で5000枚以上売り上げた作品はわずか9本だ。

2015年は26本、2014年は22本だ。

※ジョジョやFateなどの男女ともにファンの多い作品を含む

それに対し、女向けのアニメの需要が伸びてきている傾向がある。

元々女性をターゲットにしたアニメは男向けに比べると少なく、多くの女性向けアニメはそれなりの売り上げが出ている。

2016年秋アニメの円盤売り上げの上位は刀剣乱舞、ハイキュー、ユーリ、うたプリ(推定)と女向け作品が占めている。

では、なぜ最近の男向け作品は売れにくくなっているのか。

マクロスΔとサンシャインが売れたのはブランド力

不作な2016年の中でも、1万枚以上売れた男向け作品は、Re:ゼロから始める異世界生活マクロスΔこの素晴らしい世界に祝福を!ラブライブ!サンシャイン!!の4つだ。

マクロスΔが売れた理由は、間違いなくマクロスブランドのお陰だろう。ギリギリ1万枚は売れているが、前作に比べるとかなり売り上げが落ちている。ネットでのマクロスΔの感想を見ると、不評な意見が多かったが、それでも1万枚売れたのはマクロスブランドのお陰だろう。前作以前からのファンが購入しているに違いない。

ラブライブ!サンシャイン!!が売れたのも、ラブライブブランドのお陰だと思われる。サンシャインの円盤を購入した人の多くは、無印の円盤も購入していると思われる。また、1巻・2巻についているイベチケによるものも大きいだろう。イベチケがつかない3巻以降の売り上げは、1・2巻と比べかなり右肩下がりしている。

リゼロとこのすばが売れたのはキャラ人気

Re:ゼロから始める異世界生活と、この素晴らしい世界に祝福を!が売れた理由。これは、筆者は『キャラの人気』が理由だと思っている。

リゼロは、レムの人気が異常だ。メインヒロインであるはずのエミリアの数倍以上人気があるだろう。

レムが莫大な人気を獲得したのは、1クール目でのスバルに対する敵対心が、2クール目からはデレデレになっているというギャップや、スバルに尽くしている彼女の行動が大きいと思う。

恐らく2016年で一番人気となった女性キャラクターではないだろうか。

このすばもキャラ人気が凄まじかった。特にめぐみんの人気が圧倒的だっただろう。

中二病、敬語、ロリなどと言ったものが揃い莫大な人気を獲得したのだろうか。

売れないアニメはヒロインの魅力がない

売れてないアニメは、キャラに対する魅力が薄いような印象がある。

例えば、ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?は、そこそこキャラが可愛いとは評判だったが、売れているアニメに比べると大したことはないと思う。

競女も面白いと評判だったのに爆死したのは、キャラ人気がなかったからだ。

クロムクロやアスタリスクなんかもキャラに魅力が薄かったと思う。

確かに可愛いんだけど、何か違う。本当に可愛いキャラって、筆者だけなのかもしれないけど、「リアルで恋する時の感情を、二次元キャラにしてしまう」ってくらいに萌えれるのだ。

リゼロのレムや、このすばのめぐみんは、「可愛過ぎてヤバい!」って気持ちにさせたファンがすごく多かったんだと思う。

売れないアニメのキャラは、「このアニメの中では一番好きなキャラ」って言うだけで、「好きなアニメキャラ何?」と言われたら絶対に挙がらないキャラなんだと思う。



テンプレストーリーが許されるのはラブコメだけ

最弱無敗の神装機竜は、キャラがみんな可愛くて、キャラデザも素晴らしくて評判だったが爆死した。

その理由はストーリーがテンプレだからだと思う。

いくらキャラが可愛くても話がテンプレだったら円盤買いたくはならないと思う。

しかし、「ラブコメ」だったら別。

学園ラブコメって言うのは、いかにキャラクターを可愛く見せるかが重要だ。

はがない、俺ガイル、俺妹と言ったハーレムラノベアニメがそうだ。

しかしバトルやファンタジー系のアニメは、飽くまでも「ストーリーの面白さ」が重視される。いくらキャラクターが可愛くても、話がつまらなければ意味がないのだ。ISのような奇跡は滅多に起きない。

このすば、リゼロは、ストーリーの面白さとキャラの魅力がどっちもよかったから売れたのだ。

円盤を買う理由は、「繰り返し見たいから」よりも「グッズとして買う」というのが多い

そもそも、同じアニメを繰り返しみたいのなら、レンタルや、dアニメなどの配信で見ればいい話なのだ。

円盤を買う理由ってのは、「このアニメが好きだから、グッズとして持っておきたい」みたいな理由が多いんだと思う。

つまり、「面白かったから円盤買う」のではなく、「このアニメが好きだから円盤を買う」という事だ。

面白いと評判だった競女も、「好きなアニメは競女です」って言う人はほとんどいないだろう。

でも、「リゼロが好きです」「このすば好きです」って言う人はたくさんいるはずだ。

最後に

筆者の今期の一押し作品は、「政宗くんのリベンジ」と、「ガヴリールドロップアウト」だ。

その理由は、キャラが究極的に可愛い。すごくニヤニヤできる。

「好きなアニメは何ですか?」と聞かれたらこの2つを答えてもいいと思えるアニメだった。

恐らくこの2作品は5000枚くらいは売れるんじゃないかなーとは思う。

ガヴリールドロップアウト(1)<ガヴリールドロップアウト> (電撃コミックスNEXT)

ガヴリールドロップアウト(1)<ガヴリールドロップアウト> (電撃コミックスNEXT)