読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SINJI’S ACTION

アニメ系記事が中心

ロクでなし魔術講師と禁忌教典が盛り上がっているのはなぜか 他のテンプレラノベとは違う部分

放送前からテンプレラノベ枠と称されていたアニメ「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」だが、放送前の評価とは一転、今期でもトップクラスに盛り上がっている。

Twitterや2chでもロクでなしの評価はかなり高く、特に2話以降の反響は著しい。

なぜテンプレ枠だと放送前から期待されていなかったロクでなしが、ここまで盛り上がっているのだろうか。

f:id:shinji92:20170518030852p:plain

そもそも、テンプレ枠と言われていたわけ

ロクでなしは、放送前から「春のテンプレラノベ枠だ!」と言われていた。それは、近年のテンプレラノベ枠では必須である、ラッキースケベと決闘が原因である。
f:id:shinji92:20170518014809j:plainf:id:shinji92:20170518014813j:plain

この流れがまとめサイトなどで放送前から拡散し、「ロクでなしはテンプレラノベ枠だ!」と認知されてしまったのである。

ちなみにこのラッキースケベかららの決闘という流れのアニメといえば、落第騎士の英雄譚、学戦都市アスタリスク、最弱無敗の神装機竜の3つが近年話題になっていた。

この3つの中で一番盛り上がってたのは恐らく落第騎士だろう。ロクでなしは恐らく、当時の落第騎士以上に盛り上がっている。ロクでなしが視聴者を魅了させた要因はなんだろうか。

テンプレじゃない、王道的な展熱い開

今ではかなり盛り上がっているロクでなしだが、1話の放送後はあまり評価は高くなかった。「主人公が不快」「テンプレ」などと、否定的な意見が多く、そしてその評価を一気に覆したのが2話の終盤だ。

f:id:shinji92:20170518020129j:plainf:id:shinji92:20170518020133j:plain

突然テロリストに襲われてしまった学園。そんなテロリストに反抗したシスティーナは別室に連行され、強姦されそうになったところで、グレンが助けに来るという王道的な展開。そこから愚者の世界という、周囲の魔術起動を封じれるが、自分も魔術が使えなくなるという魔術を使い、肉弾戦でテロリストを蹴散らすという展開。

この展開が、2話の中盤まで冷めたように見ていた視聴者は一気に魅了され、手のひらクルクル覆したのだ。

周囲の魔術起動を封じ、肉弾戦で、相手を倒すと聞くと、禁書を連想する人も多いだろう。やはり能力封鎖系のスキルは見ていて「うおお!」となる事が多い。さらにグレンに関しては、禁書の上条の喧嘩が強い、といったレベルではなく、帝国の魔導師団に入っていた経験もありテロリスト相手なら余裕で勝てる腕前だ。

やはり、こういった王道展開は見ていて熱くなり、視聴者を魅了させてしまう力があるのだ。アスタリスクや最弱のような、「どこかで見た事あるなあ」と言ったテンプレとは違う。

落第騎士が結構受けたのも、見ていて熱くなる王道展開が多かったからだろう。

女キャラが桁違いに可愛い

ロクでなしのメインの女キャラ、システィーナとルミアの可愛さは、ここ最近の深夜アニメと比較しても、筆者の偏見はあるがトップレベルの可愛さであるに違いない。

キャラデザが素晴らしいのもあるが、やはり性格が完璧だ。

本心ではグレンを尊敬しているものの、素直になれないシスティーナ。グレンに弁当を作って来たが渡せなかったため、ルミアがシスティーナには内緒で、グレンに、システィーナが作った弁当という事を隠して渡し、その後グレンがシスティーナに「誰が作ったか分からないけどうまかった」と話すときのシーン。システィーナの「残飯処理ご苦労様」という照れ隠しに対し、「作った人に失礼だ」と怒るグレンに髪の毛クルクルしながら照れるシスティーナ。f:id:shinji92:20170518022746j:plain

このシーンでブヒブヒ萌えれない人はアニヲタじゃないだろう。

そんなツンデレシスティーナとは対照的に、素直で天然が入った性格のルミアで、素直な気持ちをグレンに伝えたり、何度も見せる笑顔が本当に可愛い。

さらにこのヘソだしという最高にブヒリティの高い制服と相まって、2人を除く女キャラも素晴らしく可愛く魅せている。f:id:shinji92:20170518024227j:plain

この作品は、キャラを可愛く魅せる事がめちゃくちゃうまい。特にシスティーナは、ツンデレを最大限に可愛く生かせている。

アスタリスクや落第の女キャラは、熱狂的なファンがつくほど人気なキャラはいなかった。

そもそも原作が元から人気だった

この作品は、アニメ化が決定する前から、富士見ファンタジア文庫でアニメ化していない作品の中では一番売れていて、最新刊のオリコンは約2万部ほど売れていた。つまりある程度ラノベを読む人からしたら、この作品を期待していた人はかなり多かったんではないだろうか。

これらの要因が合わさり、ロクでなしは今期でもトップクラスで盛り上がっているのではないだろうか。

やはり、売れるアニメには魅力的な可愛い女キャラというのは必須級だ。ただ最弱に関しては魅力的な女キャラは多かったが、ストーリーが面白くなさ過ぎて売れなかったのだろう。



最後に

盛り上がりだけで言えば、今期トップクラスだし、原作の売り上げもかなり伸びているのロクでなしだが、アマランを見る限り、正直円盤が売れるかどうかは怪しい。筆者の予想だと、落第と同じくらいの売り上げではないかと思う。

今後の展開によってはまだ分からないが、筆者は今期のラノベ原作の中ではロクでなしが一番好きなため、2期ができるレベルに売れる事を期待したい。