SINJI’S ACTION

アニメ系記事が中心

パチンコ・パチスロを辞めたい!という人に読んでもらいたい記事 パチは負けなければいい

どうもこんにちは。

このサイトに来た方は、「パチンコ やめたい」「スロットをやめるには」などと検索してきたのでしょうか。つまりパチンコ・パチスロをやめ、金がない生活から脱退したいと言う方だと思います。

しかし、パチンコというのはそう簡単にはやめられません。「パチンコ やめたい」と検索すれば大量のサイトがありますが、そのどれを実践しても、実際にやめるにはかなり難しいでしょう。

「パチンコに使った金は朝鮮人の手に渡る」「パチンコは絶対に店が利益を得るようにできている」

そんな事は依存症ならばわかっていて当然の事でしょう。分かっていながらもやめられないのです。

そんな中、僕が見つけた方法を紹介したいと思います。

先に、僕が今から話す方法を実践したところで、本当にパチンコ・パチスロがやめれるという保証はないです。ただ、金がなくて厳しい生活を送る事は間違いなくなくなります



やめれないのなら、やめなくてもいい!

「ああ、今日は10万負けた、こんなくだらない事はもうやめよう」

こんなセリフを吐いた人の9割は再びパチンコ屋に足を運びます。そしてまた大金をつぎ込み、「ああ、俺は何をやってるんだ」と絶望してしまいます。

仮に大勝したとしても、「明日もパチンコ行きてえ!」とパチンコの事で頭が埋め尽くされ、そして翌日再び行き、負けます。

パチンコ依存症の人は、勝てば勝つほどまたパチンコが打ちたくなるのです。いくら連勝してても、大負けするまで毎日パチンコ屋に行くのです。そして大負けしたあと、せっかく勝ってたのに」「パチンコやめてえ」と絶望するのです。

正直、ここまで重症な人はパチンコをやめるのは相当厳しいです。だから、やめる事を諦めましょう

「そしたら金は減る一方じゃないか!」

いいえ、負けなければいいのです!

「パチンコ やめたい」と検索するといろいろなサイトが出てきますが、それらのどのサイトを見ても、「パチンコは負けるものだ」という前提で記事を書いています。

「パチンコは、店が必ず儲かるようにできている。だから勝つって考えは捨てろ。」そう書いてるサイトはかなり多いです。

実際、パチンコは、店が必ず儲かる仕組みになっているのは事実です。客が儲かってる店は潰れてしまいます。

だからと言ってパチンコが勝てないという結論には至りません

プラス収支になる打ち方をしろ!

筆者はパチンコは打たず、スロットしか打たないのでパチンコで勝ち続ける方法は分からないですが、少なくてもスロットは、勝てる立ち回りをすれば勝てます。

「パチスロ 勝つ方法」と検索すると、いろいろなサイトが出てきますよね。「あれは全部デマだ!」と言う人がいますか、全然そんなことはありません。

スロットは、設定狙いやハイエナなど、勝てる立ち回りを続ければ必ずプラス収支にできます。もちろん行くたびに必ず勝てるのはありえませんが、月単位でプラスにすることは可能です。

「パチスロ ハイエナ」と検索すればいろんなサイトが出て来ます。>それらのサイトの多くは紛れもなく、勝てる方法です

厳選に店を選んで設定狙いをしたり、天井やゾーン狙いといったハイエナをすれば勝てます。

しっかり台選びをし、打つ台がなかったら他店舗へ移動。その店舗にも打つ台がなかったら帰宅です。

スロットで負ける人と言うのは、台選びが適当だからです。期待値がプラスの台だけど打ち続ければ勝てるのです。

ハイエナや設定に期待できる台がなかったからと言って、適当な台に座るのは養分打ちです。パチンコ屋というのは、養分打ちをしている人達から搾り取った利益によって経営できています。

逆に言えば、ガチで勝てる立ち回りをしている人のほうが、養分打ちしている人より圧倒的に少ないのです。

それでもやめられないのなら、あなたは本当にパチンコが好きな人

必ず勝てる立ち回りと言うのは、要するに「パチスロを仕事にする」という事です。

この記事をご覧になっている方の多くは、パチスロはギャンブルと言う名の遊戯として楽しんでいるのかもしれませんが、その考えをきっぱり捨て、「パチスロは仕事だ」と割り切ってやらなければ勝てません。

そういう打ち方を続けていれば、必然的に疲れます。

そして、そういう立ち回りを続けていれば「勝てるのが当たり前」という認識に変わるでしょう。恐らくスロットをしていて楽しいのって、出玉が増えている感覚です。出玉が増えれば増えるほど、「勝っている」という感覚で楽しくなります。

台の演出が楽しむために打っている人より、ギャンブルとして打っている人の方が圧倒的に多いです。

だから、「スロットは勝てて当たり前」という認識になれば、それはつまりギャンブルしているという感覚は消えます。「俺は仕事をしているんだ」という思考に変わるのです。

果たして、本当にそれでいいでしょうか。それは時間を無駄にしていませんか?パチスロで小銭を稼いでる時間を、他の時間に充てたいとは思いませんか?

確かに、前みたいに金がなくて知り合いに借金をするような事はなくなったでしょう。

「それでもパチスロは楽しいから俺は続ける」

そう思う人は、心の底からパチスロが好きなのでしょう。恥じる事はありませんし、やめることもありません。パチスロというのがあなたの趣味なのですから。

ただ一つ、このパチスロは勝てるという事が当たり前になったあなたは、「パチスロやめたい!」と思えばすぐにでもやめれるでしょう。「やめたいけどやめられない!」という事は間違いなくなくなります。

まとめ

要するに、パチンコやめたいのにやめられない!パチンコのせいで金がない!という事をなくすには、

ガチで勝てる立ち回りだけし、養分打ちはしない→勝てる事が当たり前になる

これだけです。

パチンコ依存症の人は、パチンコが好きなのです。好きなのに「やめたい!」と思う理由のほとんどは、金がなくなるからです。だったら勝てる打ち方をすればいい。そして勝てるのが当たり前になれば、打っている時間は無駄かどうか、見えてくると思います。そして辞めたいと思えば、容易くやめれるでしょう。

最近はパチンコに対する規制が激しくなり、今後パチンコ業界がどうなるかは分かりませんが、いずれホールにある台がクソ台しかなくなる可能性は高いです。

そうなれば、本当にパチンコを続ける意味はなくなると思います。パチで稼いでる人は、そんなクソ業界になる前にパチをやめたほうがいいと僕は思います。